寝る時の姿勢

痔になって、痛みを感じる時といえば、お尻が圧迫されている時です。
立っている時と比べると、座っている時の方が痛みを感じやすくなります。そもそも、お尻が圧迫されてうっ血することが痔の原因になるくらいですから、痔の症状が認められたら、できるだけお尻に負担をかけないように工夫を凝らさないといけません。

例えば仕事中は円座クッションを利用したり、たまに立ち上がったりしてお尻への負担を軽減するという方法があります。これは一般的にもよく知られている方法ですが、その他には寝る時の姿勢にも注意した方がいいでしょう。寝る時は、仰向けよりも横向きになって眠る方がお尻への負担は少ないです。また、痔の痛みが突然襲ってきてつらくなった時なども、自宅であれば横向きになって体をやすめるのがいいとされています。また、通常時の睡眠中は、たまにうつ伏せ寝をすると楽になるようです。

お尻に優しい生活が身についたら、次は眠る時の姿勢にも気を配ってみるといいでしょう。つらくなった時は体を緊張させず、適度に力を抜いてあげるのが効果的です。入浴後にヒサヤ大黒堂の薬を塗った後は、力を抜いて横向きの姿勢で眠るようにしましょう。

痛みの感じ方

痔の痛さは、軽いものから深刻なものまで人それぞれです。
内痔核はそれほど痛みがなく、切れ痔はかなり痛いというように、痔の種類によっても痛みの感じ方が違います。
しかし、症状が深刻になれば、身動きがとれないほど痛い…というケースもあるのです。

皮膚には、痛覚と呼ばれる知覚があります。痛覚があるので痛みを感じるのですが、人体において、特に痛覚が発達しているのが目の上と肛門だと言われています。そのため、症状によっては身動きがとれないほど痛くなっても不思議ではありません。なお診察時には、痛みを感じないように麻酔のゼリーを使いますので心配はいりません。

しかし症状が痔だと分かっていて、しかもそれがごく軽いものであれば、ヒサヤ大黒堂の薬を使用するのもいいでしょう。痔の症状は放置しておくと深刻化するので、早めに対策を始める必要があります。
痔と間違えやすい病気もあるので注意する必要がありますが、市販薬の使用と共に、お尻に負担をかけない生活を心がけていきましょう。

一番気になること

初めて肛門科を受診する際は、診療内容が気になることでしょう。
なにしろお尻を診てもらわないといけないので、当日はどのように診察をするのか気になるはずです。

安心してもらいたいのは、肛門科へ行っても、いきなりズボンを脱がないといけないわけではないということです。
一般的には診療台に横たわり、お尻が見えるように少しだけズボンをおろした状態で診察をしてもらうことになります。
またズボンをずらしてからも、上にタオルケットのようなものをかけてくれる配慮がされています。
このように、患者さんが恥ずかしくないように細やかな心配りがされていますので、安心して受診できるのです。

医療機関によりますが、お尻の状態を確認するためにかかる時間も、1分程度となっているところがあります。
そのためプライバシーに配慮されている診療が行なわれていますので、受診するか思い悩んでいた人は、あまりの早さに驚くケースもあるようです。

ただ、症状がごく軽いのであれば、できれば自宅で治していきたいですよね。そういう時にオススメなのがヒサヤ大黒堂の薬であり、資料を請求するとサンプルもついてくるので嬉しいかぎりです。

毛巣瘻(もうそうろう)

痔ろうになると、肛門周辺に腫れやしこりなどが現れます。また、しこりを触ると痛みを感じるのも特徴です。

こういった痔の症状があることから、肛門周辺に痛みがあると、すぐに「痔」が連想されます。
しかし、痔とは異なる病気でも、肛門周辺が腫れたり痛みを伴ったりする病気があるのです。
それが今から紹介する「毛巣瘻(もうそうろう)」と呼ばれる病気なのです。

毛巣瘻になると、肛門の周辺が腫れたり、膿が出たりします。また症状がひどい時には座るだけで痛みを伴う場合もあります。この病気は、先天性説と後天性説があり、後天性説の場合には毛深い人や長時間の座り作業が多い人などが毛巣瘻になりやすいと言われています。毛巣瘻は手術で治すこともできますが、軽度の段階であれば薬の服用だけで治せる可能性があります。

なお他の病気ではなく痔だった場合、症状を抑えるために市販薬を用いるケースもあります。この場合、2週間というのを一つの目安にして使用しましょう。しかし症状が良くならなければ、毛巣瘻のように他の病気の可能性もあることを念頭に置くといいでしょう。

クローン病

痔の症状は、痔の種類によって様々です。その中でもよく見られる症状としては、排便時の出血や痛み、そして肛門周辺の腫れなどです。また痔の症状は一般的に、「恥ずかしいもの」と思ってしまう人が多いようです。そのことが原因で、気になる症状があっても、人に相談できず症状が深刻化するまで病院に行かないケースもあります。

しかし、肛門周辺に異変が起こったからといって、それが必ずしも痔であるとはかぎりません。痔の症状と似ているものに、「クローン病」という病気の症状があります。これは原因不明の病気と言われており、10代~30代くらいの若年層を中心に発症すると言われています。
クローン病は、口から肛門までの消化管に炎症が起こる病気です。そして肛門周辺にも腫れや痛みなどを感じる場合がありますが、これを痔の痛みと勘違いしてしまうケースがあるので注意が必要です。

このように痔と間違えやすい症状もあるので注意が必要ですが、痔だった場合にはヒサヤ大黒堂の薬でケアを開始していきましょう。あらかじめポケットに入れておけば、トイレに立つたびにポーチやカバンなどを持参しなくていいので、いつでも手軽にケアできます。

膿皮症(のうひしょう)

お尻にニキビのようなものができたと思った時は、膿皮症(のうひしょう)の疑いがあります。詳しくは専門医に診てもらう方が適切ですが、膿皮症というのは痔と間違えやすい病気でもあります。
膿皮症というのは、お尻の汗腺に炎症が起こったものです。最初は小さなニキビのようなものができますが、症状が進行してくると、次第にその数が増えてきます。さらに数が増えてくると、一つ一つが連結して巨大化してしまうこともありますので早めに処置をしないといけません。

また膿皮症は痔とは違いますが、痔ろうと症状が似ています。この病気は膿を持ったニキビのようなものができるので、お尻から膿が出るのが特徴の痔ろうと間違えやすい病気です。この症状が慢性化してくると、やがて皮膚が厚みを帯びてきてしまいます。膿皮症は他の病気と同じように、症状が悪化すればするほど治すまでに時間がかかります。そのため、どんな病気でもそうですが、異変に気付いたら放置せず早めに病院に行く必要があるのです。また痔ろうを合併することもあるようなので、お尻に異変を感じた時はきちんと専門医を受診するように心がけましょう。

皮垂(ひすい)

肛門の外側にできるいぼ痔のことを、外痔核と言います。外痔核になると、肛門の外側にしこりができ、かなり痛みを伴うというのが特徴です。これまでは痔になったことがなくても、その存在を痛みによって知ることもあるでしょう。外痔核を放置しておくと肛門に異物感を感じるようになり、排便にも支障をきたすようになります。よってトイレがしにくいというのも外痔核の症状の一つだと言えます。

そして外痔核と間違えやすい病気に、皮垂(ひすい)と呼ばれる病気があります。病気と言っても、これはそこまで深刻に考えるようなものではありません。皮垂というのは、簡単に言うと皮膚のたるみです。いぼ痔などが原因で一度腫れた皮膚が余ってしまうというのが皮垂なのです。いぼ痔との見分け方としては、痛みを伴わず触ると柔らかいということです。そのため気にならないのであれば放置しておいても問題ないと言われています。反対に、痛みを伴ったり柔らかくなかったりする場合は痔の可能性があります。ヒサヤ大黒堂のHPには痔の症例も詳しく載せられていますので、一度そちらを読んでみると参考になるでしょう。

肛囲毛のう炎

痔ろうと間違えやすい病気に、肛囲毛のう炎と呼ばれるものがあります。痔ろうになると、しこりができるのが一般的です。腫れるだけでなく痛みも伴い、膿が出てきたり、発熱したりすることもあります。

そして肛囲毛のう炎になると、痔ろうになった時と似たような症状が現れ始めます。毛のうは毛包とも言いますが、毛包というのは毛根を包んでいる組織(つまり毛穴の奥深く)です。この部分が炎症を起こしてしまうことを毛のう炎と言います。肛囲毛のう炎と痔ろうは症状が似ているので間違えないように注意しましょう。

肛囲毛のう炎になると、肛門の周囲にしこりができてしまいます。また痛みや膿を伴うこともあるので、気になる場合は病院を行って診てもらうようにしましょう。ちなみに、この病気は自然治癒することもあります。

また痔ろうも正しく治療をすれば、自宅で治すことも可能だと言われています。自宅で痔の治療をしていく時は、ヒサヤ大黒堂の薬が役に立つことでしょう。痔の原因を元から絶ち、できるだけ自然治癒を目指していきたいものですね。

機能的肛門痛

痔と間違えやすい病気として、大腸がんや尖形コンジロームなどを挙げてきました。
そして、痔と間違えやすい病気はまだありますので、ここではそれをご紹介していこうと思います。

痔の症状は、できている痔の種類によって違います。例えば、同じいぼ痔でも内痔核であれば排便時に出血が見られますが、痛みはほとんどありません。しかし外痔核の場合は激しい痛みが伴いますので、肛門付近に痛みを感じると「痔なのかな?」と心配する人もいるようです。

たしかに、痔の症状の一つとして肛門付近の痛みはありますが、お尻に痛みを感じたからと言って必ず痔になっているとは言い切れません。痔になっていなくても、機能的肛門痛と言って肛門付近が痛くなるケースがあります。ハッキリとした原因は不明ですが、こうしたケースもあるので一概にお尻が痛くなれば痔であるとは断言できないのです。ただ、痔になってしまったことがわかった場合には、通販でも購入できるヒサヤ大黒堂の薬でケアするという方法がありますので活用してみましょう。

ストレスを疲労を溜めない

ストレスと疲労が、痔にも影響すると聞いたら、驚く方もいるでしょう。
なぜ、ストレスと疲労が痔に影響するのかと言うと、免疫力が低下するからです。しかし、免疫力という言葉はよく聞きますが、実際に免疫力とはどういうものなのか、上手に答えられる人は少ないかもしれません。

免疫力というのは、簡単に言うと体を守る力のことです。ここまでは、わりと多くの人がわかるはずです。免疫力が低下してしまうと、体を守る力が弱まってしまいます。そのため、健康な時は気にならない細菌でも、免疫力が低下している状態だと病原菌に感染してしまうおそれがあるのです。

私たちの体において、免疫力を作り出す元となっているのが免疫細胞です。免疫細胞という小さな細胞が、体の中を駆け巡って、病原体から私たちを守ってくれているのです。そして、ストレスや疲労が蓄積してしまうと、自律神経に乱れが生じて、結果的に免疫力が低下してしまうと言われています。ストレスや疲労は、自分では気付いていなくても、環境の変化などで発生する場合があります。よって、免疫力を高めるためにも、ストレス解消をしたり、ゆっくり入浴をして疲れを癒したりして体を労る必要があるのです。